暗渠(水道管の地下埋設)システム。松や檜など、硬くて腐りにくい木の板が選ばれている。

 

 

江戸時代の江戸では、すでに上下水道が整備されていました。綺麗な水を飲み、清潔に生活を営んでいました。

 

同じ時代のヨーロッパの貴族社会でさえ下水道の整備がなく、ロンドンやパリの道路は、ゴミと汚水の捨て場のようでした。雨の日などはぬかるみ、想像を絶する臭気が街中に漂っていました。そのため匂いを消すために香水が開発されました。

 

今の時代のようにモーター等の動力が無い時代にどうやって上下水道を作ったのでしょうか?

何と、多摩川や井の頭の水源から、高低差だけで水を江戸中に流していたのです。

 

多摩川では、水源から海までの距離約40キロの高低差は92メートルです。このわずかな下り勾配を利用するには、正確な測量技術と土木技術がなければできません。それを400年以上前の機械のない時代に、たった8か月という短期間で日本人がやり遂げていました。

 

新型コロナの流行を世界的に見ても驚異的にさざ波程度に抑え込んでいる日本。その根底にあるのは、こういった日本人の清潔感があるからではないでしょうか。

スタッフ K.Y

参考文献:百田尚樹 著:「新版 日本国紀」