< 2012年に筆者が利用したきっぷ。当時は11,500円でした>

青春18きっぷとは、JRの普通列車と快速列車に全線乗り放題の切符です。5日分11,850円、1日あたりなら2,370円で、日本中どこへでも行けてしまうという夢のきっぷ。その気になれば、九州から北海道だって行けてしまいます。

青春18きっぷの次の利用期間は、2019年7月20日~9月10日です。

青春18きっぷの利用期間
春季  3月 1日から 4月10日
夏季  7月20日から 9月10日
冬季 12月10日から1月10日

青春18きっぷの売上は、JR全体で毎年70万枚程度です。おおざっぱにいって、国民170人に1人が年に1度は利用している計算です。普通列車しか乗れないきっぷが、なぜこんなに人気があるのでしょうか。

人気の最大の理由は安さです。東京−大阪を往復利用すれば、それだけで十分に元が取れますし、1日あたり2370円でどこまででも乗れる、というのはとても魅力です。

しかし、それだけが理由ではありません。青春18きっぷを使っている人の多くは、単に安い、というだけでなく、青春18きっぷがもつ魅力にとりつかれているのです。

それは、乗り降り自由、という仕組みです。

普通の切符でも途中下車はできますが、行き先を決めずに勝手気ままに乗るわけにはいきません。また、ローカル線の終点に行けば折り返しの切符を買わないと行けません。そうしたいろんな制約が、青春18きっぷにはないのです。

普通列車しか乗れない、というのが青春18きっぷの制約ですが、逆にいえば、普通列車に乗っている限りは、他のきっぷなら発生する「乗車区間」「乗下車」の制約から完全に自由になれるのです。

そのため、普段は特急を利用するビジネスマンまでが、休日には青春18きっぷを使って旅に出たりしています。つまり、お金を節約しているのではなく、自由を楽しんでいるのです。

お金を節約したい人にも、自由な旅を求める人にも、どちらにも支持されているのが青春18きっぷ。だから、幅広い人気をかちえているのです。

安くて、自由で、魅力的な青春18きっぷ。ぜひ、使いこなし方をマスターしてください。

スタッフ 久保田

<出典:「青春18きっぷ研究所」https://seisyun.tabiris.com/