秋の深まりとともに野山では紅葉が始まり、この時期の行楽として外せないものの一つが“もみじ狩り”ですね。

澄んだ秋空のもと、美しい紅葉を 眺めるのはすがすがしいものです。

近場の紅葉スポットを調べていると面白いウンチク話が載っていたので紹介したいと思います。

 

『紅葉(コウヨウ)と紅葉(モミジ)の違いは?』

同じ漢字を書きますが意味は違います。

✔「紅葉(コウヨウ)」と言う場合は秋に野山の木々(落葉樹)が冬に備えて落葉する前に紅や黄色に葉の色が変わること、変わった状態を総称して言います。

✔「紅葉(モミジ)」と言うのは広い意味の紅葉(コウヨウ)の中でひときわ紅色の目立つ(黄葉ではなく)狭い意味の紅葉の仲間で、カエデの仲間を総称して言います。これは広い意味での紅葉(モミジ)です。

 

『モミジとカエデの違いは?』

植物分類上ではカエデとモミジは区別しません。

植物学的にはモミジもカエデも「カエデ」と言い、どちらも分類上カエデ科のカエデ属の植物です。モミジという科や属はありません。

一般的には上述のとおりカエデの仲間の特にきれいな仲間(子供の手のような葉の形のやつ)をモミジと区別して呼びます。

 

「カエデ」=「モミジ」って知っていました??

 

わたしは「モミジ」という植物名だと思っていたので地味に驚きました。

 

 

株式会社トリプルクラウン スタッフ 久保田